ピッキング(ぴっきんぐ)

ピッキングとは、印刷機の胴から紙が離れる際、

紙表面がめくれ返りを胴側にインキと共に残る紙むけのこと。

インキの粘着力が紙の表面強度より強い場合に発生する。

硬いインキを使用している場合、インキの練り不足、寒い季節のインキの温まる前などに

発生する事が多い。

チラシ印刷輪転堂(2010年03月27 日更新)