仮丁合(かりちょうあい)

仮丁合とは、厚い本などで機械で製本する鞍数より折り数の方が多い場合、機械の鞍数内に折り数を

抑える為に一度数折り分を仮に丁合いした数折り分を1鞍に乗せ製本する事。

仮丁合の必要になる折り数は製本する機械の鞍数に依存する為、

何折以上の折り数で仮丁合が必要かは一概に言えない。

チラシ印刷輪転堂(2010年04月 9 日更新)