手折り(ており)

手折りとは、機械で折るには部数が少なすぎる場合・機械で折れない複雑な折り方の場合に

人の手で印刷物を折る事を言う。

機械で折るには部数が少なすぎる場合の多くは部数が足りなかった場合の事が多い。

機械で折れない複雑な折り方の場合は、部数が多くても手で折るしか方法が無いが、

他の物と較べ独特な(特殊な)仕上がりが見込めるメリットが有るが、

仕上がる部数も機械に比べ少なく納期が掛かり、1部の単価も上がる為、高くなるディメリットも発生する。

チラシ印刷輪転堂(2010年06月 7 日更新)